沖縄で何かが必ず始まる!

感じた事

いつもいろんな人を繋げてくれる瀬川瑛太からメールが来た。

「来年、沖縄で助産院を開きたい高杉さんという方を紹介したい!」

ぜひぜひということでスケジュールを合わせたら

僕も高杉さんも14日の飛行機で本土へ行くことになっていた。

それも二人共11時台。

というわけで朝9時に待ち合わせして空港へ

と思ったら俺は間違えて8時に空港へ。

高杉さんはおいらが空港にいることを知って早く空港へ。

タリーズコーヒーで高杉さんの話を聞いて、来年、絶対に開園すると決めている【お腹の中から保育園】の話をした。

ぜひいろんなことを一緒にしましょう!って盛り上がっていたら

高杉さんが「お腹の中の子どもと話が出来るみきみきさんって知ってる?」って。

(なんか面白そう!)

すると、みきみきさんが今から空港に来るって。

まじで!

面白い展開。

タリーズは横並びの席しかないので一階のフードコートに移動!

お茶を買いに行って席に戻ったら、なぜか、僕が創った映画「天国はつくるもの」の挿入歌をいっぱい使わせてもらったまーちゃんバンドのまーちゃんが高杉さんと話している。

「おいおいどういうことや?」

まーちゃんとは二日前に飲む約束をしてたんやけど仕事が終わらなくて会えなかった。

そして、お腹の中から保育園のコンセプター助産師の美和ちゃんに声をかけ、みきみきさんも盲目の旦那さん大将と来て下さった。

なんだこれは!

面白すぎじゃないか!

ちなみにいみきみきさんは今や胎内記憶のことをめっちゃ伝えている池川先生にお腹の中のライトウォーカーのことを伝えた人なんやって。

みきみきさんが教えてくれた。

「赤ちゃんって呼ばない方がいいんだよライトウォーカー」って呼ぶんだよ。

なになにそれ!

ライトウォーカー達はどうやらいろんな役割を持っていて、お母さんを選んで生まれてくるんやって。

面白いのが今ね、ライトウォーカー達300人がお母さん待ちをしてるんやって。

自分の役割がこなせるお母さんを探して300の魂が遠い空で待ってみきみきさんに

「ええお母さん紹介してよ」って言うてくるらしい。

めっちゃおもろいやん。

いや~これはもっと話を聞いてみたいわ。

この凄い流れは宇宙が動いていることに間違いない。

必要なタイミングで必要な人と合わせてくれる。

やっぱ人生っておもろいな。

PS、久しぶりに食った羽田空港の卵かけご飯は最高に美味かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました